設備紹介

機械紹介

 

今までよりも多くの項目を短期間で検査することができます。 飼い主さんの不安をできるだけ早く安心させてあげたい思いに応えて進化した診断機器です。

 

測定に数日かかっていた検査が院内で短時間に行えるようになり、より早い診断と治療が可能になりました。
甲状腺機能検査・副腎皮質機能検査・肝臓機能検査が院内で行えるようになりました。

 

手術などの前に止血の機能が正常かを調べ、より安全に手術が行えるようにします。

 

超音波を利用して心臓やお腹の中の臓器の異常を見たり、腫瘍を見つける時にも使います。

 

撮影した画像をパソコンに取り込み、短時間で現像ができるデジタルレントゲン装置です。

 

胃や腸の中を検査したり、誤って飲み込んでしまった異物を取り除く時にも使います。

 

耳専用の内視鏡です。 治りにくい外耳炎や鼓膜の異常などの治療に使います。

 

血液の各種検査ができます。 手術前には体の状態や出血が止まるかを必ず検査し、安全に麻酔・手術が行えるようにしています。

 

傷口からの出血を抑えて切開することができるため、短時間・安全に手術が行えます。

 

止血と切開が同時にできるので、出血が少なく短時間で手術が行えます。

 

大事な血管や神経を温存しながら組織を破砕・乳化・吸引する機械です。 複雑な場所にできた腫瘍の切除や椎間板ヘルニア・骨の切削などができます。 手術時の傷口が小さいため、動物の体への負担が少なく済みます。

 

体の表面にできた腫瘍に直接針を刺して熱を加えることでがん細胞を死滅させます。 腫瘍を切除する手術よりも麻酔の時間が短く済むので、高齢や心臓などに持病がある動物にも選択できる治療法です。

 

良性の腫瘍(イボなど)を凍結させることで治療します。 麻酔なしで行うことができます。

 

レーザーを用いて組織の切開、止血、凝固、蒸散を行う機械です。 緑内障や逆さまつ毛の治療などに用いられます。

 

整形外科用のドリルです。

 

近赤外線を患部に当てることで、痛みを緩和させたり傷の治りを早めたりすることができます。

 

眼の検査に使用します。

 

眼圧を測定する時に使用します。

 

手術時の体温維持に使用します。

ご紹介した以外にも各種機械を導入しています。